東京都の太陽光発電に関して

サラリーマンの給与が上がらないと言われている中、何とかセカンドビジネスで埋め合わせを考えている人も多いのではないでしょうか。ただ、副業を禁じている職場があるのも事実です。そこで注目を集めているのが、太陽光発電ビジネスです。五年前の東日本大震災以降、自然エネルギーへの関心が高まっています。電力買取り制度もスタートしましたし、セカンドビジネスにはピッタリではないでしょうか。東京には高いビルがたくさんありますし、全国でもトップレベルの日照率です。発電する量が右肩上がりで伸びていて、副収入を稼いでいるサラリーマンが増えています。年齢を重ねる度に体力は落ちますが、太陽光発電であれば初期投資だけで後は自動的にお金が入ってきます。エコの時代がやって来ていますから、先を見据えた投資をしてみてはどうでしょうか。

太陽光発電に向くのか東京ソーラー屋根台帳で分かる

東京では建物ごとに色分けして太陽光発電に向いているかどうかを識別できるようにしたマップが出てひとめで分かる様になったわけです。又太陽熱利用システムの適合度も合わせて表示しています。これが出来た事で自分の家の太陽光発電の適合度が一目で分かる世になったわけです。太陽光発電システムと言うのはソーラーシステムの温度が25度で電気の発電旅量を測定しています。これから考えると真夏の日照時間の長い時間は太陽光発電は一年を通じて一番電気の発電量が多いように感じますが、通常の発電時よりも20%~30%ほど発電効率が下がります。真夏はソーラーシステムの温度が70度~80度になる為、温度が上がる程発電効率が低下してしまいます。又東京は反射熱などもあって気温が上がりやすいという特徴のある場所です。発電効率が良いのは3月~5月の間が一番電気の発電効率が良い時です。

太陽光発電の設置が東京で増えています

東京は多くの企業が活動を行い、また多くの人々が生活を行っていまして、毎日の企業活動や人々の生活で多くの電力が使用されています。これらの電力は需要に応じて電力会社が計画的に発電を行って作り出しています。そして夏場など電力需要の高い時期には他の地域の電力会社から余った電力を融通してもらうケースも有ります。この様な状況に対して最近は自らが電力を作り出す取組みを行う方が増えています。これは例えば太陽光発電の設置が挙げられまして、企業のオフィスや工場の屋上であったり、個人宅の屋根に発電パネルの設置を行っています。そして東京は年間を通して日照時間の長い地域であり、太陽光発電を行うのに適した場所となっています。そして太陽光発電を設置する業者も多く有りますので、インターネットを用いて業者選定を行う事がお勧めです。